中山金属株式会社   KOBELCO 神戸製鋼グループ 神鋼商事
 中山金属株式会社  HOMEEnglish
home 伸銅品 鉛レス 伸銅品 棒・線 伸銅品 板・条・管 アルミニウム製品 鉄銅製品 会社案内 お問い合せ
鉛レス快削黄銅棒 (鉛フリー)
鉛レス快削黄銅棒・線の技術標準(抜粋)
| 1 page | 2 page | 3 page | 4 page | NEXT |


日本伸銅品協会技術標準

 
鉛 レ ス 快 削 黄 銅 棒
Lead-less free-cutting brass rods and bars

 
 
序文 この技術標準(以下、標準という。)は、ビスマス添加とけい素添加の鉛レス快削黄銅棒について作成した日本伸銅品協会技術標準である。製品規格としての対応国際規格はないが、試験方法としてISO6509: 1981 Corrosion of metals and alloys-Datermination of dezincification resistance of brassがある。
 
 
1.適用範囲  この標準は、屈伸加工した断面が丸型、正六角形、正方形、長方形、R付き正六角形の鉛レス快削黄銅の棒(以下、棒という。)について規定する。
備考1. R付き正六角形とは、正六角形の角を外接円で切った形状をいう。
2. 棒とは、全長にわたって均一な断面をもち、真っ直ぐな状態で供給される中実の展伸製品をいう。


 
2.引用規格  次に掲げる規格並びに標準は、この標準に引用されることによって、この標準の規定の一部を構成する。これらの引用規格並びに標準は、その最新版を適用する。

 
JIS H 0321  非鉄金属材料の検査通則
JIS H 1012  銅及び銅合金の分析方法通則
JIS H 1051  銅及び銅合金中の銅定量方法
JIS H 1052  銅及び銅合金中のすず定量方法
JIS H 1053  銅及び銅合金中の鉛定量方法
JIS H 1054  銅及び銅合金中の鉄定量方法
JIS H 1057  銅及び銅合金中のアルミニウム定量方法
JIS H 1058  銅及び銅合金中のりん定量方法
JIS H 1061  銅及び銅合金中のけい素定量方法
JIS H 1062  銅及び銅合金中の亜鉛定量方法
JIS H 1072  銅及び銅合金中のアンチモン定量方法
JIS H 1292  銅及び銅合金の蛍光X線分析方法
JIS K 8085  アンモニア水(試薬)
JIS Z 2201  金属材料引張試験片
JIS Z 2241  金属材料引張試験方法
JIS Z 2244  ビッカース硬さ試験−試験方法
JBMA T303  黄銅棒の脱亜鉛腐食試験方法
ISO  6509  Corrosion of metals and alloys-Datermination of dezincification resistance of brass


 
3.定義  この標準で用いる主な用語の定義は、次による。
 
a)鉛レス快削黄銅棒 鉛0.1%以下で、銅を主成分とした亜鉛との合金に、ビスマス(0.5〜4.0%)又はけい素(2.0〜4.0%)等を添加して被削性を改良した銅合金棒。


 
4.種類及び記号  棒の種類及び記号は、表1による。
備考 質別を示す記号は、表1の記号の後に付ける。

 
表1  種類及び記号
種類  記号 参考
合金番号 製法 名称 特性及び用途例
C6801 押出棒  C6801BE ビスマス系
鉛レス快削黄銅
被削性に優れ、展延性も良い。ボルト、ナット、小ネジ、スピンドル、歯車、バルブ、ライター、時計、カメラ部品など。
引抜棒  C6801BD
鍛造棒  C6801BF
C6802 押出棒  C6802BE
引抜棒  C6802BD
鍛造棒  C6802BF
C6803 押出棒  C6803BE
引抜棒  C6803BD
鍛造棒  C6803BF
C6804 押出棒  C6804BE
引抜棒  C6804BD
鍛造棒  C6804BF
C6931 押出棒  C6931BE けい素系
鉛レス快削黄銅
強度が高く、被削性に優れる。ボルト、ナット、小ネジ、スピンドル、歯車、バルブ、ライター、時計、カメラ部品など。
引抜棒  C6931BD
鍛造棒  C6931BF
C6932 押出棒  C6932BE
引抜棒  C6932BD
鍛造棒  C6932BF
注: 引抜棒に限り、自動機用のものは製造記号(D)の後にSを付ける。
対脱亜鉛腐食用のものは、製造記号(E,D,F)の後にRDを付ける。


 
5. 品質
5. 1  外観   棒は、仕上がり良好・均一で、使用上有害な欠陥(受渡当事者間の協定による)があってはならない。
5. 2  化学成分   棒の化学成分は、表2による。

 
表2  化学成分 単位%
合金番号 製法記号名称特性及び用途例
Cu Bi Si Sn P Pb Zn Fe その他
C6801 57.0〜64.0 0.5〜4.0 0.2〜2.5 0.2以下 0.01以下 残部 0.5以下  
C6802 57.0〜64.0 0.5〜4.0 0.2〜2.5 0.2以下 0.01を超え
0.1以下
残部 0.7以下  
C6803 57.0〜64.0 0.5〜4.0 0.2〜2.5 0.2以下 0.01以下 残部 0.5以下 Se+Al+Sb+Te
 0.02〜0.6
C6804 57.0〜64.0 0.5〜4.0 0.2〜2.5 0.2以下 0.01を超え
0.1以下
残部 0.7以下 Se+Al+Sb+Te
 0.02〜0.6
C6931 69.0〜80.0 2.0〜4.0 0.2以下 0.02〜0.15 0.01以下 残部 0.3以下 Mg 0.1以下
C6932 69.0〜80.0 2.0〜4.0 0.02〜0.15- 0.01を超え
0.1以下
残部 0.3以下 Mg 0.1以下


| 1 page | 2 page | 3 page | 4 page | NEXT |
△ページのTOP
 
Copyright 2017 by Nakayama Corporation. All rights reserved.